それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「チャンピオンズリーグをテレビ観戦する時間なんてない」という人が採用するべき5つの方法

calendar

reload

先月引っ越したのを機に、5年ぶりくらいにスカパーを契約しました。先週は、チャンピオンズリーグ決勝ラウンド第1戦の3試合をテレビ観戦しました。シャフタール対バイエルン、パリSG対チェルシー、シャルケ対マドリーです。
私がはじめてスカパーでサッカーを見たのは、会社を辞めた10年前でした。
ずっとサッカーを見ていていい状態になっても、意外と見ないものだなと感じたのを覚えています。会社員の方だと、「スカパーに契約したものの、結局見る時間がない」というのはよくある話でしょう。
私は今会社員ですが、先週は3試合見ました。今後も結構見られそうです。それは、次の方法を使っているからです。

リアルタイムで見ようとしない

ヨーロッパのサッカーは、チャンピオンズリーグのように、日本時間早朝3時とか4時に試合があることもあります。サッカーファンとしては、ネットなどで結果が分かってしまうのは嫌なものです。だからどうしても、試合時間に目覚ましをセットして、無理やり見ようとします。でも、それは続きません。人間ですから、会社に行けば疲れます。今週起きれても来週は無理です。
マインドセットの問題ですが、私は「いつ見てもいいや」という心構えでいます。だから、ほぼすべて録画です。録画であれば、体の負担がない時間を選んで観戦することができます。これは、大きなことです。

見る試合を選ぶ

「全試合放送」と言われると、どうしても全部追いかけたくなります。これも、「サッカーファンあるある」です。でも、これまた無理筋です。さきほどのリアルタイム話もそうですが、私たちは自分が忙しいことを忘れています。週5日も会社に行っているのだから、全部追うのは最初から不可能なのです。その前提に立たないと、段々見られなくなることがストレスになり、サッカー観戦自体を「時間がない」と結論づけてしまうことになります。そうではないですよね。

外付ハードディスクを使う

外付ハードディスクは必須アイテムです。ブルーレイレコーダーにもハードディスクが内蔵されているわけですが、前述の録画作戦を使うと、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。そして、「録っても見ないからなあ」と録画自体をやめることになるのです。これももったいない話です。そこで、外付ハードディスクを購入して、録画容量を増設するわけです。USBケーブルでつなぐだけなので、簡単です。

最初の20分で判断する

これは何かのインタビューでオシムが言っていたので真似している方法です。試合開始から20分経過した時点で、「このあとも見続けるか」を判断するのです。サッカーは90分あるので、その長さが録画視聴する際の心理的ハードルになります。この方法をとると、「20分ならば見るか」という気持ちになれるので、結果的に90分前提で見始めるよりも多くの試合を観戦することになるのです。また、20分間をかなり集中して「これは見るべき試合か」という視点で深く考えながら見られるという効果もあります。

サッカー雑誌をめくって予習する

サッカー雑誌も読む時間がないですよね。同感です。読むのは難しい。サッカーファンにとって、サッカー専門誌はずっと情報源であり続けてきました。しかし、今はネットに情報が多いため、その機能を果たせません。私は、サッカー専門誌を「観戦ガイド」と割り切ることにしています。1冊の中に、今後の試合をどういう観点で見ると楽しいかがまとまって入っているのです。すてきなことではないですか。時間がないので、選手インタビューなどは読みません。「ああ、この試合見たいなあ」と思う記事に出会うと、その試合だけはチェックしてしまいますよね。

まとめ

いかがでしたか。今回書いたことは、実はサッカー観戦にかぎったことではありません。現代は、情報が多すぎます。全方位を追いかけるのは無理です。相当能力が高い人以外は、かなり薄っぺらい関与しかできません。それって、寂しいじゃないですか。とても豊かとは言えないです。だから、「考える」のです。そして、全体で判断することが大事です。上の例で言うと、「サッカーを見る」だけが人生の人なんていないんですから。
今週はチャンピオンズリーグのバルサの試合が楽しみです。

by カエレバ




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]