それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

ニートは楽しいか

calendar

reload

私は、会社を辞めたことがあります。株式売買があったので、お金が必要な日は稼げたのですが、生活態度はニートに近いものがありました。
今日はそのときのことを思い出しながら紹介します。

腰が痛い

ニートをすると、めっちゃ寝ます。私は平均14時間寝ました。そして、だんだん腰が痛くなってきました。このままでは腰が悪い人になってしまうと思いました。でも、朝起きる必要がないから寝ちゃうんですよね。

しゃべらない

一人暮らしで午後に起きる生活で必須の会話は、コンビニ店員の「暖めますか」への「いいえ」だけです笑 大げさではなく、株の売り買いだけならばしゃべる必要がないんです。そうとう意識しないと、この状態になります。

成長しない

当時の私は、社会人経験が3年半の営業しかありませんでした。つまり、実務能力もほとんどなければ、人間的にもこどもだったのです。その状態で会社を辞めると、成長が止まります。実際には成長する方法はいくらでもあります。人と関わることです。しかし、えてして若い大企業社員には会社以外の知り合いがいません。今はSNSがあるので、そうはなりにくいんですかね。

上にあげたのは、26歳のときの私の例です。もし今もう一度ニートになったら、こうはならないと思います。いきいきと暮らす自信があります。今の私には目的があるからです。そして、習慣の大切さも学んだからです。ブログもあるし、友人も増えました。会社員だろうがフリーだろうが、ニートだろうが、「生きる」ことには変わりがありません。重要なのは、毎日をどうおもしろくしていくかです。どうやったらおもしろいかを考え続けることは、人生の大きな仕事です。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]