learning

何もしないで文句だけ言うのをやめて、とにかくやりたいことをやってみようと思える本。堀江貴文『我が闘争』

投稿日:2015年1月31日 更新日:

ホリエモンの新刊、「我が闘争」を紹介します。
本書は、ホリエモンの自伝です。
幼少期から、おもにライブドア事件あたりまでの出来事と、当時の思いが綴られています。

実家を脱出するには東大に行くしかない
・東京大学。
僕は迷わずそう書いた。
高3の春。進路指導の時間のことだ。
・東京に大学は沢山ある。ただし私立は早々に除外せねばならなかった。うちの両親がそんな高い学費を出してくれるはずがない。
都内の国立大学ならば一橋もあるが、九州の田舎者にとってはマイナーな大学。それなら九大にしろと言われるのが関の山だ。
両親を納得させるには、いや彼らに何も言わせないには東大しかない。

 

ホリエモンと私たちの違いは、こういうところなんだと思います。私たちの多くは、地元を出たいだけで東大を目指しません。単に、「東京の大学に行きたい」とだけ主張します。そして却下され、「親が東京に行かせてくれなかった」と、人のせいにします。不満を言っているだけの人とホリエモン、どちらの人生が豊かでしょうか。答えを言うまでもないですよね。人生、考えて動いたもん勝ちということですね。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-learning

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人生という勝負について書かれた本は、いい意味でヒリヒリする。はあちゅう『半径5メートルの野望』

はあちゅうさんの半径5メートルの野望を紹介します。 本書は、「がんばりたいけどがんばれない」とか言っている人向けの本です。 読んで、背筋を伸ばしましょう。 自信がないから何もできないなんておかしい ・ …

3サロン合同勉強会が学びの宝庫すぎたー!!

こんにちは。学ぶデイトレーダーのいしざわです。 2月11日(土)、3サロン合同勉強会に参加してきました。 会場は、麹町にあるグロービスです。 サロンメンバー無料!はあちゅうさん( @ha_chu )経 …

『嫌われる勇気』を読んで2年たっても覚えていた一文に、わたしは救われました!の巻

かつて読んだ本に救われた話をしたい。 2年前に出てベストセラーになった『嫌われる勇気』。 アドラー心理学を一般人のわたしたちにも知らしめた名著だ。 読んだ当時、とても印象に残った一文があった。 すべて …

今日の読書 2016年6月13日

今日の読書。 今日はマンガだけ。 『僕のヒーローアカデミア 9』 僕のヒーローアカデミア 9 (ジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 堀越 耕平 集英社 2016-06-03 Ama …

文学作品を読むのは、マラソンと同じ。苦しいのに楽しくて、やめられない!

明日から3月になる。 今月の『城』に続き、同じくカフカの『審判』を読もうと思っている。 審判 (岩波文庫) posted with ヨメレバ カフカ 岩波書店 1966-05-16 Amazonで見る …